分類できな~い(爆)の記事 (1/3)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月12(火)雨のち曇り,13日(水)くもり時々晴れ 

二日間琵琶湖一周の旅に出かけていました。

初日の昨日は最初に比叡山にある義父さんの墓参りをさせていただいて、その足で湖西をドライブ。
お昼時に新あさひ風車村に。
2014_0812_1.jpg
しかし、なんてがっかり名所と化したという感じで、閑散としていました。最小限の店しかないので来る途中に見つけた別の道の駅「藤樹の里あどがわ」ってところに行ってお昼ご飯。

お腹を満たして、時計を見たら予定よりも早い・・・。と言っても特に予定を追加する必要もないので、宿泊予定の近江今津に。また、ここでも早着につき、もし最終便に間に合うなら、と竹生島へのフェリーの時間を港に見にいったら、
「14時40分が最終便ですよ、まだ大丈夫ですよ。」
と係の方に教えていただいたので案内された駐車場に車を停めて乗船。
乗船時間約25分ほどで竹生島に到着。
2014_0812_2.jpg
港から本堂を見上げた図。
北琵琶湖に浮かぶパワースポットととも呼ばれている竹生島をじっくり?見学させていただきました。

で、島から戻って、ホテルにチェックインしたのち夕食にでかけようと港町に出かけたのですが、あまり地元の店ってひっそり目立たずに営業されているんですね・・・しっかり探せばありますよ、というわけで小奇麗な和食レストランに入りましてピルスナーとともに刺身定食をいただきましたが、食材に拘った料理でとても美味しかったです。(店の名前忘れた)

**********

さ、二日目の今日は7時頃に起床。
準備しておいた朝食を部屋で頂き、8時過ぎに出発。
この日はまず、湖岸道路沿いに走って奥琵琶湖パークウェイを走って、・・・
あれ?展望台の先が通行止めジャン。ガビーン。おそらく先日の台風の時に倒木か何かでまだ整備が出来なていないんでしょうね。
仕方ないので来た道を引き返して、余呉湖へ。駐車場なんてないので近くの道路がちょっと広いところにしばし留めさせてもらって、天女の衣掛柳を拝見。説明のボードが隣に掲げられていました。

次は伊吹山です、気合い入れて登るゾ!。
標高1377mの伊吹山、なかなか登っていくのはたとえ車でも大変です。右に左に大きく曲がったり急勾配になったり、・・・。
頂上付近の巨大な駐車場に駐車して、山頂までの高山植物や景色を見ながら登り切りました。(疲)
っていうか、登っていく最中に晴れてきて強い陽射しに日焼けした・・・山頂の記念碑の前で記念撮影した後、ソフトクリームタイム。ブルーベリー味美味しかったです。はい。(^^;;
2014_0813_1.jpg

後は湖東の街並みを一般道ばかり走って、大津ICからは高速道路を利用して18時40分ごろに帰宅。

二日間お疲れ様でした~。ビール発泡酒が美味いっ。(~_~;)
スポンサーサイト

8月14~16日(水,木,金) 晴れ

というわけで2泊3日で別府温泉へ行ってきました。
当然?18切符を使うので初日最終日は移動日。初日は目指せ九州、8時過ぎに自宅出発。

地元最寄り駅→尼崎→姫路→・・・
姫路辺りからなにやらハンパ無く大きな荷物を持った二十数人の大集団(大学のリクレーション部か?)と一緒になった・・・素行は高校生のような【悪ノリ】はないのでいいのですが、とにかく荷物が荷物で通路とかできるだけ邪魔にならないようにしてはくれるのですが、ねぇ・・・。
2013_0814_1.jpg
途中の駅で泳ぐ金魚たち

サークルの彼らとは九州上陸あたりまで一緒に行動。
ま、私たちは今宵の宿は小倉に予約していたので小倉で下車、そしてホテルまで徒歩。
ところで駅からちょっと離れているのでおそらく道に間違いは無いだろうとは思いながらも近くにいたおまわりさん(6人いらっしゃった)に訊いたら、
「我々も兵庫県から来てまして」
・・・遠くから来ておまわりさんとはいえ同じ県の人に(苦笑)・・・手持ちの略地図を見てもらいながら親切に教えてくれました、ありがとうございました。

2013_0814_2.jpg
チェックインした後ホテル近くのラーメン屋で頂いたとんこつラーメンは細いストレート麺との相性がばっちりでございました。

二日目以降は↓をクリック!。
[ 続きを読む » ]

5月2日(木)くもりのち晴れ

5月2日(木)は実家の母と共に、奈良・明日香の地を訪ねてきました。朝8時前に自宅を出発、実家を9時ごろ出発~。♪

まず最初に橿原神宮へお参り、渋滞などもなく着いたのは10時を少し回ったころ。
2013_0502_1.jpg
えっと、他の参拝客が殆どいません、独占状態といっても過言じゃないです。さすが?連休の谷間ですね。おかげでゆっくりと参拝できました。

次に高松塚古墳を見て回りましたが、どこかの小学校の遠足で、敷地広場は早めのお昼ご飯を楽しんでいる風景が・・・おとなしく?食べているうちに観る所観た方がよさそう、というわけで古代日本の芸術なる壁画とすぐ近くにある文武天皇陵を観て、ゆっくり飛鳥の地を歩いて・・・。

石舞台古墳へ行く前にお昼ご飯を食べよう、と計画するも噂どおり?奈良は外食産業がほとんどありません。途中見かけたのは装いが歴史文化の町に溶け込むように作られたコンビニエンスストアが一店。この町では弁当持参もしくはコンビニなどで弁当を買って、それぞれの広場でレジャーシート広げて食べよう、ということなのでしょうね。
結局お昼ごはんは石舞台古墳の目の前にある土産屋の隣でやっているレストランで頂きました。

で、石舞台古墳をゆっくり見物・・・できません。だって、どこかの小学校の遠足で敷地内はわいわいがやがや。走り回る子どももいるし、引率の先生が大変そうにしていました。
なんとか記念写真を撮るのが精一杯。
天気もなんだか霧のような小雨一瞬降りましたがなんとか傘を開く事もなく・・・。

で、この後は飛鳥の土地から奈良市内のほうへ移動。
その途中に多少の渋滞にもあいましたが、30分くらいで目指す平城京跡に到着。
なんだかものすごく広い駐車場が待ち受けておりました、何処に停めたら良いのかわからないくらい・・・でも平日だからなのでしょうね、おそらく3日~6日は混雑するのでしょう。
まずは朱雀門です。
2013_0502_3.jpg
このころには上空は綺麗に晴れ渡りました。

近鉄奈良線が横断するので踏み切りを渡って、復元された(記録や設計図となるものがないので推測で建てられたという話ですが)第一次大極殿を観て・・・
2013_0502_5.jpg
当時の人が見たら
「ようここまで復元しよったのお」
とか
「あそことか、あのへんとかちょっと違いまっせ」
とか言われるのかなあ・・・。(^^;;

4時半くらいまで楽しんで、実家まで帰る途中に早めの晩御飯を頂き、解散。
一日楽しく過ごさせていただきました。多謝。(u_u)

2月1日(金)晴れのちくもり,2月2日(土)くもりのち晴れ

公休を頂いて、私の実家の母親とともに1泊2日の旅行に行ってきました。
天気予報は午前中はともかく早ければ夕方から雨だとか・・・なんとか晴れ男パワーを利用してもってくれれば、と朝7時半頃に自宅を出発、8時半頃に実家経由で南紀へ!。

最初の目的地は南部町のみなべ梅林。
ですが、途中湯浅のあたりで高速道路を降りて、一般道をゆっくり走りながら行く事に。所々に地元直営の有田みかん販売のお店があってそれを買ったり、途中でお昼ご飯を食べたり。

11時過ぎに日の岬灯台のところは風も強くて寒く感じました。てきとーに記念写真とってさっさと退散・・・。

で、昼過ぎにみなべ梅林に到着。
2013_0201_1.jpg
梅林はようやく咲き始めたところで、園内で梅を見に来る人はほぼ皆無。だって、平日金曜日ですから。
おかげさまで人ごみにこまる(満開時はそれはもう大変になるそうです)ようなことはまったくなくてちらほらと咲いた梅の香りを楽しみながら過ごす事ができました。

次は千畳敷・三段壁。
私が訪れたのは2度目かな?。といっても、20年くらいまでの話で、だいぶ周辺の様子も変わってまして、・・・。
2013_0201_2.jpg
↑写真は三段壁です。あちこちに自殺防止の呼びかけの看板とか相談所の電話番号の立て札がありましたです。
三段壁には地下洞窟へのエレベーター営業時間ぎりぎりの到着、滑り込みセーフでした。わりと穏やかな波が洞窟内に打ち寄せる様子をしばらく見学。
しかしエレベーターの料金、もうちょっと安くしてもらいたいです、はい。

2013_0201_3.jpg
で、↑が今宵の宿の大きな窓の外の景色。客室全室オーシャンビュー。天気がよければ素晴らしい夕日が落ちていくそうです。
ん?そういえば雨らしい雨は降らなかった・・・やっぱり私は晴れ男!?。(~_~;)

[ 続きを読む » ]

3月20日(火)晴れ

世間一般は春分の日でお休みの今日は、Hey!Hey!Bong!Bong!にお仕事。

ところで昨日ふと思ったのですが、

ハイブリッドカーだとかEVだとか、電気で走る車が増えてきておりますが、全てそれぞれの車に合わせて電池が作られてますよね。
逆転の発想で、標準規格のバッテリーを複数組み合わせて車に載せる、って手法は無理なんでしょうか?。
ほら、単一とか二とか三とか、サイズの規格にマンガン、アルカリ、充電できるニッカド、リチウムイオン、・・・。
以前軽自動車を改造して単三乾電池を多数載せた車が無補給で東京→大阪を走りきったとか言うニュースありましたよね・・・eneloopクラスの充電池をぐっと大きくして(単ゼロ?)、リヤシートの下の電池BOXにその電池を何個か収納、載せたまま充電したり取り出して家庭内に持ち込んで充電したり、・・・。

いかがでしょ?。サンヨーのeneloopを吸収し、またEVOLTAで乾電池の開発力をアピールしているパナソニックあたり、こんな自動車を開発されてもいいんじゃないでしょうか?。まずは軽量な軽自動車規格から・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。